医療痩身に関する情報が満載!

医療痩身・脂肪冷却の効果

医療痩身・脂肪冷却の効果 医療痩身のひとつ脂肪冷却は脂肪を凍らせて体の外に排出すると言う内容です。
従来、痩身において脂肪細胞に対するアプローチとしてはメスで切開して脂肪細胞を除去する、あるいは超音波などをあてて脂肪細胞を破壊すると言う方法が一般的でした。
これに対して脂肪冷却はメスで切開する必要がないなどのメリットがあります。
そして気になる効果に関してですがまず冷却、凍らされた脂肪細胞は体内でそのまま残ります。
ですが体の機能により、それは不必要だと言う判断がなされるため、これは2ヶ月程度の時間をかけてゆっくりと排出されていきます。
つまり施術を受けてから実際に脂肪細胞が排出され始めるまでには時間が必要だと言うことです。
そのため痩身に対して即効性を求めたいと言う場合には難しいと言えます。
ただし脂肪細胞が膨らむことで太ると言う現象は発生すると言うメカニズムから考えると、時間はかかるものの脂肪細胞を確実に減らすことができる脂肪細胞は痩身、更にはその先のリバウンドの防止に対しても効果が得られやすいと考えられます。
特に脂肪細胞が排出されるペースごと、2ヶ月程度ごとにこれを受けるとより脂肪細胞の減少が期待できます。

医療痩身の技術の進化とは

医療痩身の技術の進化とは 医療痩身の治療では現在でも手術なども行われていて、専用の道具を使って脂肪吸引などを思い浮かべる人も多いです。
脂肪吸引だと体への負担も大きいです。
しかし、最近は技術も進化していて体に負担をかけることなく効果的な医療痩身の治療も開発されています。
機械など治療だと高周波を使ったライポソニックスの脂肪融解があります。
また、セルライト分解機器の医療用エンダモロジーなどは脂肪に働きかける以外に、たるみも改善してハリを戻してくれます。
手軽な方法では注射があります。
有名なのはメソセラピーで脂肪溶解が可能な注射です。
他にもBNLSという注射もあります。
これは主に小顔になるための注射で、BNLSは肌の引き締めや脂肪溶解、リンパ循環の作用があって筋肉のストレッチ効果が高く、脂肪除去だけでなく顔全体を引き締める効果も高いです。
医療痩身はどんどん進歩していて脂肪吸引に関してもかなり安全性も高くなっていて、メスを使うことなく痛みも少ない治療も増えています。